無料お見積もり・屋根診断 お問い合わせ・資料請求

施工事例Works

  • 着工前
  • 瓦剥がし
  • 野地板の張り増し
  • 防水紙施工
  • 遮熱シート・キヅリ・桟木の取付
  • 屋根材の施工中(ClassicTile
  • 棟下地(貫)の取付
  • 葺き替え工事完工
  • 着工前
  • 瓦剥がし
  • 野地板の張り増し
  • 防水紙施工
  • 遮熱シート・キヅリ・桟木の取付
  • 屋根材の施工中(ClassicTile
  • 棟下地(貫)の取付
  • 葺き替え工事完工

大阪府高槻市 T様邸


大屋根葺き替え工事/遮熱工事
和瓦→D’sRoofing ClassicTile

震災の被害でのお問合せでした。
瓦がズレてしまっており、調査すると防水紙も寿命を迎えている事が判明。
瓦を戻しても防水紙が機能していない場合は雨漏りは防げません。
室内の住環境を変えないよう遮熱工事と桟木に取付する屋根材を用い、屋根面に空気層を設けました。
下屋の瓦も割れが数箇所ありましたが、こちらは大屋根の瓦を下屋根で差し替えて調整しました。

工事内容 大屋根葺き替え工事 / 遮熱対策工事 / 足場工事
面積 72平米
工期 5日間
工事総額 1,950,000円(税込)
屋根葺き替え工事前
屋根葺き替え工事後
調査時の防水紙の様子

防水紙の劣化状況

現地調査の際に瓦を数枚とって防水紙の状態を把握しておきます。すぐに防水紙の破れが確認できました。この状態はいつでも雨を室内に通してしまう状態です。よって選択肢は葺き替え工事か葺き直し工事の二択になります。今回は葺き替え工事をご選択頂きました。

瓦撤去後

土葺きの屋根

現在は引っ掛け桟瓦葺きという工法をとりますが、このように桟木を打たず土を敷いた上に瓦を載せるだけで固定する土葺きが主流だった時代があります。関東以外の地域ではまだまだ土葺きの屋根が多く残っています。

瓦おろし掃除後

屋根の掃除

全面にあった土を撤去し、古くなった防水紙も同じように撤去しました。手前の野地板だけ綺麗です。これは増築部で奥と比べ材料・工法に差があるのがわかると思います。掃除をして屋根全体の状況把握をする事できっちりとした仕事を行えます。

野地板張り増し後

野地板の張り増し

12㎜の合板を使用しています。関西では下地となる垂木の寸法また、垂木のピッチが違います。下地のピッチに合わせて野地板を加工したり、下地を補強したりしながら張り増しを行います。

ルーフィング施工後(ライナールーフィング

防水紙の施工

防水紙はニューライナールーフィングを使用しました。メーカーHPから言葉を借りると【防水性・耐久性共に他の追随を許さない最高級の品質を誇る下葺き材】となっています。いい防水紙を使って丁寧な仕事をすると、長い施工保証をお出しする事ができます。

遮熱シート・横桟木打ち

遮熱シート・キヅリ・桟木の取付

遮熱シートを全面に敷いたら垂木(屋根の骨組み)のピッチに併せてキヅリテープを縦に流します。このキヅリが打ち付けた桟木を浮かし、雨水が中に入った時に桟木がそれを塞き止めないような役割をしています。また桟木は垂木にビスで止めて強度を出しました。

葺き替え完了(クラシックタイル)

屋根葺き工事完了

波型の屋根材を垂木にステンレス釘で止めていきます。ステンレスを使う事で錆を出さないようにしています。

施工事例の一覧に戻る

無料お見積り・屋根診断Estimation

すまいるーふにて、お客様の屋根の現状をお聞きし、
無料の屋根診断サービスを実施しています。

無料お見積り・屋根診断はこちら

お問い合わせ・資料請求Contact Us

お問い合わせ・資料請求はこちらより承っております。
どんなことでもお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ・資料請求はこちら
無料お見積り・屋根診断 お問い合わせ・資料請求
お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082