無料お見積もり・屋根診断お問い合わせ・資料請求

屋根辞典Yanepedia

ガルバリウム鋼板(ジンカリウム鋼板)

従来の亜鉛めっき鋼板に比べ、準亜鉛でなくアルミニウム55%+亜鉛43.4%+珪素1.6%の合金を用いている。
因みにジンカリウム鋼板はアルミニウム55%+亜鉛43.5%+珪素1.5%の合金となっている。
アメリカのメーカーで開発され1972年に登場して以来様々な建材に使用されており、現在の『板金』の殆どが
このガルバリウム鋼板だ。
(日本メーカーにおける商標登録がガルバリウムであることから日本では一般的にガルバリウム鋼板と呼ばれており、輸入材に関してはジンカリウム鋼板になります。)

ガルバリウム鋼板は防食性が高く、同じ耐食鋼材のステンレス鋼板に比べて大幅に安い事からその需要を高めました。
アルミのもつ耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性、亜鉛のもつ犠牲防食機能、この二つの特徴で従来の鋼板よりもさらに耐久性に優れ
あらゆる用途に対応できる画期的鋼板です。
殆どの屋根材はこのガルバリウム鋼板に更に塗装を行い、より高度な防食性や遮熱等追加機能をもたらしています。
但し耐久性はステンレス鋼板の方が優れています。

ガルバリウム鋼板は錆ないと話題になっていますが、従来の亜鉛めっき鋼板よりは圧倒的に錆びにくくなっています。
しかし、キズがついた部分やビス止め部、切断面は錆びる可能性があります。
また、水がたまってしまうような箇所や切断方法によっても錆びる可能性があります。
丁寧で知識の豊富な施工業者であれば錆の心配は低減します。


Contact Us
お問い合わせはこちらから

お名前*
お名前(フリガナ)*
郵便番号*
ご住所
メールアドレス*
電話番号
ご依頼内容*
お問い合わせ内容
お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082