無料お見積もり・屋根診断お問い合わせ・資料請求

屋根辞典Yanepedia

縋り [すがり]

屋根形状の一つ。
屋根の先にすがりつく屋根構造の事を指す。
軒先違い・縋る等と呼ばれる事もある。

縋り部は雨漏りするケースが多い。
雨漏りとして室内には現れなくても、野地板や下地が劣化しやすい箇所だ。
唐草ケラバが重なり合う部分で、構造的にどうしても水の流れを止めてしまう。
屋根材を施工する前の役物(唐草ケラバ)が重なり合う部分で、シール材でその接合部を埋めるが、経年劣化して雨水が入ってしまうのだろう。
メンテナンスとして、上からシール材を打っているのをしばしば目にするが、根本的な原因を解決している訳ではないのでお勧めできない。

和瓦屋根の場合は割り付けがしっかりできていれば、金属系屋根材よりも縋り部の納まりが良い。


屋根のお悩みは屋根工事のプロにおまかせ!生涯雨漏り保証手掛けた屋根は雨漏りさせない!すまいるーふを詳しく見る>

Contact Us
お問い合わせはこちらから

お名前*
お名前(フリガナ)*
郵便番号*
ご住所
メールアドレス*
電話番号
ご依頼内容*
お問い合わせ内容
お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082