無料お見積もり・屋根診断お問い合わせ・資料請求

屋根辞典Yanepedia

勾配 [こうばい]

傾斜の程度の事を指す。
屋根では尺勾配(例:四寸五分)と分数勾配(例:4.5/10)で表す事が多い。
法では底辺を一尺(十寸)とした時に対する高さを見て何寸勾配と呼びます。

勾配は屋根にとってとても重要な要素をもっています。
勾配にあった屋根材の選定や施工方法が必要となってきます。
勾配が浅(緩)ければ雨水が停滞しやすく、毛細管現象を引き起こしやすくなります。
但し、施工はし易くメンテナンスに余計な予算がかかりません。
勾配が早(急)ければ雨水の流れも速く、雨漏りがし難くなります。
しかし、オーバーフローが起こりやすくなったり、メンテナンス時に屋根足場が必要であったり予算がかかる事が多くなります。
北海道など積雪の多い地域ではわざと勾配を早くして、積雪の重みが屋根にかからないよう雪をすべらせる等工夫がされています。


屋根のお悩みは屋根工事のプロにおまかせ!生涯雨漏り保証手掛けた屋根は雨漏りさせない!すまいるーふを詳しく見る>

Contact Us
お問い合わせはこちらから

お名前*
お名前(フリガナ)*
郵便番号*
ご住所
メールアドレス*
電話番号
ご依頼内容*
お問い合わせ内容
お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082