無料お見積もり・屋根診断お問い合わせ・資料請求

屋根辞典Yanepedia

袖瓦 [そでがわら]

妻側から見た施工後の袖瓦

日本瓦役物(役瓦)の一つで、ケラバに使用する瓦を指す。

袖瓦の特徴は軒瓦と同じように屋根の端に使用する為、垂れがついているのが一般的だ。
また、袖瓦には左右がある。
地上から屋根を見上げて右側につくのが右袖。同じく左側につくものを左袖と呼ぶ。

軒瓦同様、種類が豊富で平袖(ひらそで)、紐袖(ひもそで)、中付袖(なかづけそで)、見せ掛け袖(みせかけそで)等がある。
また、一般的に使用する袖瓦を並袖と呼ぶ事もある。
一般的には、一文字瓦同様、合端作業が必要で仕上がりの美しさは職人の技術が試されるものでもある。


屋根のお悩みは屋根工事のプロにおまかせ!生涯雨漏り保証手掛けた屋根は雨漏りさせない!すまいるーふを詳しく見る>

Contact Us
お問い合わせはこちらから

お名前*
お名前(フリガナ)*
郵便番号*
ご住所
メールアドレス*
電話番号
ご依頼内容*
お問い合わせ内容

お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082