無料お見積もり・屋根診断 お問い合わせ・資料請求

屋根辞典Yanepedia

重ね葺き [かさねぶき]

重ね葺き工事のルーフィング施工中

重ね葺きとは、現在の屋根材の上から新しい屋根材を施工する、屋根リフォーム工事の事を指す。
カバー工法等とも呼ばれている。
下準備に雪止め・包み・等の撤去を行い防水紙屋根材の順に施工する。
すまいるーふでは屋根面の高圧洗浄を行ってから施工を開始する。
また、スレートシングル瓦棒等の屋根に限られる工事になる。

屋根材の上から野地板の張り増しを行う業者もいるが、あまりお勧めはしない。
屋根材同士に挟まれた野地板が、夏場に焼けて火災を起こしたケースが幾つかあるので注意しよう。

重ね葺き工事は、剥がす手間とその処分費を削減できる事がメリットだろう。
また、屋根が二重になる事で断熱や防音の効果がある。
しかし、二重に屋根があるが故に雨漏りをおこした時の原因を突き止める、又は解決するのが難しい。
将来的に葺き替えをする場合には、二重に剥がす手間とその処分費が発生し、葺き替え時の予算を大きくしてしまう。
以上に気を付ければ良いだろう。


無料お見積り・屋根診断Estimation

すまいるーふにて、お客様の屋根の現状をお聞きし、
無料の屋根診断サービスを実施しています。

無料お見積り・屋根診断はこちら

お問い合わせ・資料請求Contact Us

お問い合わせ・資料請求はこちらより承っております。
どんなことでもお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ・資料請求はこちら
無料お見積り・屋根診断 お問い合わせ・資料請求
お急ぎの方はお電話ください

0120-480-082